Home > インプラントについて > インプラントとは?

インプラントとは?

インプラントについて

インプラントについてイメージ

歯の無いところに歯ができます。

インプラントとは、歯の抜けたところに人工の歯根を植え、あごの骨に固定させたものに人工の歯を装着するものです。

入れ歯の取り外しによる不快感が無くなる上に、元々の歯と同等の力で噛むことができます。

治療は自費診療となりますが、他の歯への影響も無くガタつかない自分の歯として非常に注目されている治療法です。

インプラント治療の流れ

1.診査・診断

(1)カウンセリング

  丁寧なヒアリングを行い、なぜ歯を失ってしまったのか、インプラントでどういった回復を求めているかなどを伺います。

  経済的な制約、時間的な制約の確認や、喫煙などの生活習慣をおうかがいし、適切な治療計画を立てます。

(2)視診・触診

  顎の骨の状態や残存歯の状態をより的確に確認・把握するために、噛み合わせの状態をドクターが確認します。

(3)レントゲン/CT

  最新のレントゲン/CT機器による精密なレントゲン写真や口腔内写真を撮影したり、血液やお身体の検査を行います。

  主に顎の骨の状態を確認します。

(4)歯牙歯列模型分析、口腔内写真

  欠損部位や残存歯の状況、噛み合わせなどを写真や模型を使って診断します。

2.インプラント埋入前の処置

インプラント治療を開始する前に、必要に応じて口腔内の環境を整えます。むし歯や歯周病がある場合は、残存歯の治療から行い、その後口腔内の清掃を徹底的に行います。

顎の骨が足りない場合、必要な手術・処置も行います。安全に行うための前処置となります。

3.一次手術(インプラント埋入手術)

インプラントを歯槽骨に埋入し、支柱とする工程です。

次の治療に進むまでに、一定の治癒期間が必要になります。

【上顎】約6ヶ月~1年

【下顎】約2~4ヶ月

※個人差があります

4.二次手術(頭だし手術)

一次手術で埋入した支柱に、インプラント上部を歯肉から露出させ、歯肉の治癒を促進するための専用キャップを取り付けます。

これを二次手術と言います。

5.仮補綴物装着

正式な被せを作成する前に、仮の補綴物を装着し、治癒を待ちます。歯茎が治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。

色や形は人それぞれ違いますので、患者様に合わせて製作しインプラントに取り付けます。

6.上部構造製作

1.型どり

2.噛み合わせ採得

3.試適

4.装着

上記の工程で約1ヶ月をかけて正式な被せを作成します。この工程が完了すれば、インプラント手術完了となります。様子を見ながら噛み合わせの調整を行います。

7.メンテナンス

インプラントで治療した部位に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。3ヶ月〜6ヶ月に一度の口腔内チェックやクリーニングを定期的に受けていただきます。

治療後の健康を維持するためにも、ぜひ定期検診にお越しください。

こうずま歯科医院診療案内
土曜日の受付時間は14:30~17:00までです。
治療コンセプト
アクセス
こうずま歯科医院外観写真
〒861-0517
熊本県山鹿市大橋通1005
TEL:0968-43-2802
お手数ですがご来院の際はお電話ください。
医院紹介
医師/スタッフ紹介
こうずまブログ
つとむ君新聞